ホームページ 北海道淡水魚保護フォーラム報告 オピニオン 運営委員 書庫 お問い合わせ 活動の記録 更新履歴

第12回北海道淡水魚保護フォーラム

北海道淡水魚保護フォーラム No. 12 in 札幌

魚の放流~生物多様性の保全から考える~

北海道淡水魚保護フォーラム No. 12 in 札幌

終了しました。多数のご来場をいただき、どうもありがとうございました。当日配布した要旨集(PDF)パネルディスカションの記録を公開しています。

■とき:2012年1月29日(日)
    午後1時~午後5時
■ところ:北海道立道民活動センター
     かでる2・7
     060-0002 札幌市中央区
     北2条西7丁目
     tel:011-204-5100
■主催:北海道淡水魚保護ネットワーク
■後援:北海道大学淡水魚研究会
■入場料:無料
■お問い合わせ
有賀望/札幌市豊平川さけ科学館
     005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
     tel:011-582-7555
     電子メール:aruga■sapporo-park.or.jp
     (■を@に置き換えて送信ください)

■要旨集ダウンロード PDF、6MB

■ちらしダウンロード PDF、2.1MB


 漁業のための放流、釣りを楽しむための放流、水辺に親しむための市民による放流など、さまざまな目的の放流が全国各地で行われています。良かれと思って行われている放流が、逆に魚を減らしたり、川の生態系に悪影響を与えたりする場合もあることが、近年の研究により報告されています。生物多様性保全の視点からは、基本的に放流を行わないことが好ましいと言えます。しかし、「絶滅を防ぐための絶滅危惧種の放流」、「生態系の回復に役立つ場合の放流」、「人間の食糧確保に必要な放流」などでは、魚の放流が必要な場合がある、ということも含めて理解する必要があります。
 このフォーラムでは、科学的に明らかになってきた放流の問題点を紹介し、在来魚の遺伝子を攪乱から防ぐために先駆的に対策を講じている本州の事例などを紹介します。そして、北海道の淡水魚や自然生態系を保全するために我々が注意すべきことなどについて、来場者からの意見を交えながら話し合います。


●イントロダクション「フォーラムの背景と開催趣意」
有賀望(札幌市豊平川さけ科学館

●講演
「科学的に分かってきた放流の問題点」
森田健太郎(独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所

「種苗放流の増殖効果および放流以外の増殖手法について」
中村智幸(独立行政法人水産総合研究センター増養殖研究所

●話題提供&パネルディスカッション「放流と生物多様性について考える」

「天然魚の保全と環境教育~山梨県での取り組み~」
坪井潤一(山梨県水産技術センター

「放流活動から環境調査へ-活動を転換した市民団体の事例」
菊池基弘(千歳サケのふるさと館

「北海道生物多様性保全計画について」
萩原康政(北海道環境生活部環境局自然環境課

■各演者の講演と話題提供の要旨をダウンロードいただけます。PDF、6MB

■パネルディスカッションの記録はこちら


■来場者アンケートから
 会場では来場者の皆さんに、出演者への質問・意見のほか、今後、北海道淡水魚保護フォーラムで取り組んでほしいテーマをお聞きしました。この結果、今後取り組んでほしいテーマとして、下記のような意見が寄せられました。検討材料とさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

・目立たない魚たちにもスポットを当て、多くの人に興味を持ってもらえるフォーラム

・北海道における外来魚をテーマとしたフォーラム

・「十勝川」をテーマとするフォーラム