ホームページ 北海道淡水魚保護フォーラム報告 オピニオン 運営委員 書庫 お問い合わせ 活動の記録 更新履歴

 


代  表 帰山雅秀
事務局長 後藤 晃

〒041-8611
函館市港町3-1-1
北海道大学大学院
水産科学研究院内

電子メール

北海道淡水魚保護ネットワークの書庫

著者別(50音順)索引 / テーマ別索引


【著者別(50音順)索引】

著者

タイトル テーマ
藍澤雅邦 北海道の淡水魚と釣り 保護管理
有賀望* 生態系保全のための環境教育の役割 pdf570KB
環境教育
飯島博 川や湖の自然と共存する社会システムの構築-霞ヶ浦アサザプロジェクトの実践から 市民と行政
石城謙吉 北海道の川の移り変わり:森と川のつながりを求めて 生物多様性
岩瀬晴夫 知った、分かった、でも川づくりは遠い…… 市民と行政
卜部浩一* 北海道のサクラマスと河川環境の現状 生物多様性
卜部浩一* 「ふるさとの魚,サクラマス」 保護管理
卜部浩一* ダムと川底環境―砂利の流れの変化とサクラマスの生息環境― 川底環境
浦和茂彦* さけ・ます類の遺伝的多様性の保全 外来種
帰山雅秀* 最近 思うこと 外来種
帰山雅秀* 外来魚から河川・湖沼生態系を守る 外来種
帰山雅秀* 北海道淡水魚の生物多様性を考える 生物多様性
帰山雅秀* 「知床半島から北海道の淡水魚と河川生態系を考える」 生物多様性
帰山雅秀* サケは海からの贈り物 生物多様性
川村洋司 イトウは移植放流では護れない 外来種
菊池基弘* 支笏湖生態系に及ぼすニジマスとブラウントラウトの分布と生態 外来種
熊谷幸弘 石狩川における漁業の変遷と問題点-ヤツメ資源を例に 保護管理
後藤晃* 守るべき北海道の淡水魚って何? 生物多様性
後藤晃* 道南における河川環境の変遷と在来魚の多様性の減少 生物多様性
後藤晃* 希少淡水魚の生息状況と保護施策 生物多様性
小宮山英重 川の環境を次世代にどう受け渡すのか 環境教育
小宮山英重 人と川の自然-子どもたちと見つめ直す 環境教育
佐藤成史 遊漁と河川利用、およびゾーニングについて pdf569KB 保護管理
篠健司 企業がなぜ、野生のサケマスを守る活動を支援するのか? 市民と行政
妹尾優二 川本来の機能-生命の大動脈としての川と川づくりを考える 市民と行政
瀬川拓郎 上川のサケとアイヌ 保護管理
鷹見達也* 北海道におけるブラウントラウトの分布と生態 外来種
鷹見達也*ほか 北海道千歳川支流におけるアメマスからブラウントラウトへの置き換わり 外来種
橘利器 なぜ釣り人は移植放流に依存せざるを得ないのか 保護管理
谷口義則 ニジマスを例に外来魚の生物学的意義 外来種
谷口義則 日本とアメリカの似て非なるゾーニング論 外来種
出羽寛 旭川の川と魚たちの現状
生物多様性
玉手剛 北海道における河川横断工作物基数とサクラマス沿岸漁獲量の関係 pdf423KB
保護管理
中尾繁 ダム建設計画から守られた松倉川の自然生態系 市民と行政
中川大介* 「酪農家、川へ入る 住民とNGOの協働による河川環境再生プロジェクト」(日本水産学会誌 Vol.75, No.4, 2009)pdf 1.04MB 市民と行政
長坂晶子 川の自然再生へ-キーワードは『流域』を見渡す視点と物質循環 生物多様性
長坂晶子 物質循環から見た森と川のつながり 生物多様性
長坂晶子 森と川と海の生き物のつながり 生物多様性
長坂晶子 川底にたまる砂、砂、砂―水生昆虫の棲みかへの影響― 川底環境
永田光博* 資源管理の基本的なルールを作ろう 保護管理
永田光博* 環太平洋野生サケマス資源のモニタリング構想 保護管理
中村太士 魚の住める川への自然再生 ダム
中村太士 砂礫の移動様式の変化が流域生態系にもたらすインパクト~元気がなくなった日本の河川の現状と課題~ 川底環境
布川雅典 砂防ダムのスリット化による川底環境と水生昆虫の変化 川底環境
長谷川勤 遊漁指針に基づく内水面の取り組み方向 保護管理
畠山武道 環境保護をどのように進めるか?改正河川法・自然再生法をどう生かすか 市民と行政
針生勤* 釧路湿原のイトウ復活に向けて 保護管理
稗田一俊 地域の宝・ユーラップ川の自然を守る 市民と行政
稗田一俊 魚を育む川のしくみ 生物多様性
平田剛士* 移入種をどう考えるか 外来種
平田剛士* 外来魚問題を考えるヒント 外来種
平田剛士* 尻別川におけるイトウの生息状況と保護 保護管理
平野令緒 治水と環境保全の折り合い 市民と行政
福島路生* 北海道の河川と魚類の現状について 生物多様性
福島路生* 河川環境の変化と淡水魚の多様性ー全道を対象としたダムによる流域分断の影響評価 ダム
福島路生* ダムが北海道の淡水魚に与える影響 ダム
福島路生* イトウ:巨大淡水魚をいかに守るか(pdf,308KB) 保護管理
福島路生* 希少淡水魚イトウの現状とその研究 保護管理
福島路生* 河川生態系への人為的影響に関する評価/よりよい流域環境を未来に残す(国立環境研究所「環境儀」30号記事。外部リンク) 生物多様性
福島路生* Reconstructing Sakhalin Taimen Parahucho perryi Historical Distribution and Identifying Causes for Local Extinctions(PDF、外部リンク) 保護管理
福島路生* 巨大魚イトウの棲む川とは(季刊「河川レビュー」No.143収録、PDF3.4MB) 生物多様性
藤本靖 10年目の忠類川、本当の有効利用 保護管理
松田裕之 生物多様性条約が守る「生態系サービス」とは何か pdf446KB 生物多様性
真山紘 サクラマス資源の保護・管理と河川環境のあり方 保護管理
丸山博子 河川環境教育の可能性-川の保全と社会の成長- 環境教育
丸山博子 川と魚を対象とした環境教育 環境教育
三沢勝也ほか 外来種ニジマスとブラウントラウトの支笏湖水系の生態系と在来種に及ぼす影響 外来種
宗岡寿美 酪農流域河川の土地利用と水質環境 汚染
室田武 海が育む陸の生物多様性 サケ科魚類のになう物質循環 生物多様性
森田健太郎* サクラマスってどんな魚? pdf455KB
生物多様性
森田健太郎* 砂防ダムや外来種が在来種に及ぼす影響-最近の事例 ダム
森田健太郎* 北海道における外来魚の問題 外来種
柳井清治 流域生態系の構造と機能、および環境修復の考え方 市民と行政
山田直佳 水辺にたずさわる市民団体の活動報告 市民と行政
鷲谷いづみ 生物多様性保全と自然再生 生物多様性
渡辺恵三 サクラマスの生活史を考えて、川づくり pdf451KB 保護管理
渡辺恵三 川底にも目を向けた河川環境の整備と保全-岩盤化した川でのサクラマス産卵環境の復元- 川底環境
渡邉綱男 釧路湿原の現状と保全・再生の考え方 市民と行政

(*は北海道淡水魚保護ネットワーク運営委員)


このページの先頭へ